FC2ブログ
「ながおか森林塾」 三回目
2010/06/26(Sat)
ながおか森林塾の三回目を実施しました。入門コースの最終回です。
今回は「目立て」と「伐倒」。
前回までいろいろなチェンソーを使ってもらい、切れる刃と切れない刃の違いを体感してもらいました。そのせいもあって、目立てには皆さん大きな期待を持っておられるようでした。
ソーチェンの名称や役割などを図や模型を使って説明した後、切る早さや切りくずの形など目立て前の状態を確認します。

CIMG0424_250.jpg


実機を使って目立ての方法を説明。

CIMG0435_250.jpg


話に聞いたように出来るのでしょうか?

CIMG0445_250.jpg


右が目立て前、左が目立て後の切りくずです。形が全く違うのが判りますね。

CIMG0449_250.jpg


目立てが出来た方から伐倒開始。刃が切れるようになったせいか、伐倒もスムーズになったようです。

CIMG0476_250.jpg CIMG0480_250.jpg


伐倒の合間を見て、枝払いのデモ。
チェンソーを持つのではなく、木に預けて、滑らすように枝を払います。イメージトレーニング。

 CIMG0521_250.jpg CIMG0507_250.jpg


一通りのメニューを終わり、アンケートや感想などを話していただきました。
とても良い評価がいただけたようです。

CIMG0551_250.jpg    


最後にチェンソーの手入れをして解散しました。

CIMG0554_250.jpg CIMG0558_250.jpg


私たちに森林塾なんてできるのだろうか?と不安がイッパイでしたが、事故もなく、受講生の皆さんからも高評価を頂きホッとしています。
秋の実践コースに向けて、更なるスキルアップが必要と痛感しています。
そして、来年も続けてゆきます。



この記事のURL | チーム木念人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<林内清掃 | メイン | 三条クラフトフェアin八木ガ鼻2010>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://forestfactory.blog108.fc2.com/tb.php/52-952ce0b5

| メイン |